ヘアカラー Q&A

普通の毛染めで暗く染めた髪を明るくできますか?

美容室では「脱染剤」という特殊な薬剤を使う事で髪に入っている色素を抜く事は出来ますが、あまりにも黒くした場合、どうしても赤味が残る場合があります。

赤みを抑えた色に染めたい場合、思ったようには成らないかも知れません。

出来るだけダメージを与えないように最善を尽くしますし、どの程度明るくしたいか?にもよりますが、ダメージ0と言うことはありません。

暗く染める場合は、後に明るく染めるかも知れない時は、出来れば染めない事をお勧めします。


ヘナで染めた髪を明るく出来ますか?

人工の色素なら色を抜く事も出来ますが、残念ながら、「ヘナ」で染めた髪は、明るく出来ません。

色が薄くなってくるのを待ちましょう。

方法は、やや明るい色で根元を染めながら、徐々に明るくしていきます。

髪質にもよりますし、ヘナの入り具合にもよります。また、希望の明るさにもよりますので、一概には言えませんが、このようなパターンのお客様は多いです。

ちなみに、ナチュラルハーブカラーで染めた髪は、暗すぎたとしても、容易に明るく出来ます。


ヘアマニキュアで暗く染めた髪の色を明るく出来ますか?

残念ながら希望されているほど明るく出来ません。
アルカリ剤(パーマ液や、専用のリムーバーなど)を使っていくらかは明るくなりますが、きれいに色を抜く事は出来ないと思います。
多少色を抜けても、かなりのダメージが出ます。
ダメージと成果を天秤にかけると、やらない方が無難です。


「ヘナ」で染めていましたが、ナチュラルハーブカラーに変えたいのですが出来ますか?

とても多いパターンです。
「ヘナ」には、オレンジ色のモノしかありませんので、カラーチェンジしたくても出来ませんからね。
何種類か色があるのは、ケミカルヘナと言って、科学染料の入ったタイプです。気をつけなければいけないのは、違法のモノが多く出回っています。
「ヘナ」から「ナチュラルハーブカラー」への移行での注意点ですが、「ヘナ」の色素を抜くことが出来ませんから、例えば「明るく染めたい。」というご希望にはすぐには応えられません。
その場合は、違和感が出ないように徐々に明度を変えていきます。
現在の色、もしくはそれよりも暗くする場合は、その日に十分な結果を出すことが出来ます。

「ヘナ」から移行される方がとても多いです。こんなに「ヘナ」が浸透しているとは驚きました。
移行の理由は、「色が気に入らない。」「染めるのが大変。」が多いです。
ナチュラルハーブカラーの、水溶きタイプは色味が豊富で、明るさも調節できますので、白髪が多い方も全く傷めずヘアカラーを楽しめる、自然派と、デザイン性とを兼ね備えた唯一のへカラー剤です。
ナチュラルハーブカラーは、「ヘナ」をされていらっしゃる方にこそ、お勧めしたいヘアカラーです。


ナチュラルハーブカラーで明るく染めることは出来ますか?

一般のヘアカラー剤で出来ることは、ナチュラルハーブカラーで全て出来ます。
逆に、一般の科学主体のヘアカラー以上の染め上がりが期待できます。
どの程度明るく出来るかといえば
金髪と言われる位まで出来ますので、十分ではないでしょうか。

ナチュラルハーブカラーは、白髪染めでも明るく染められますか?

出来ます。
白髪染めでも、色んなパターンがあって、
ほとんど黒髪
部分的に白髪がかたまってる。
満遍なく白髪が10%~60%位。
ほとんど白髪・・・・
などの状態がありますので、ご希望との兼ね合いで施術方法は変わりますが、明るくしても傷まない安心のヘアカラーです。


赤味がでて嫌なのですが、赤味が出ないように染められますか?

グリーンやブルーなどのクール系の色味で赤を抑えるのですが、色素が抜けたとき赤味が出てきます。

ナチュラルハーブカラーは色持ちがよいので一般のヘアカラーよりは赤味が出にくいと思います。


パーマや、ストレート、ヘアカラーなどでかなり傷んでるのですが、ヘアカラーして傷みませんか?

ナチュラルハーブカラーなら、大丈夫です。

傷んだところは水溶きタイプで染められますので、今以上に傷みを与えることはありません。

逆にトリートメント効果が期待できます。


ナチュラルハーブカラーのアルカリタイプと、水溶きタイプとではどう違うのですか?

過酸化水素(オキシ)と混合して使い、ブリーチ力があり、明るく染められるのがアルカリタイプです。

それに比べ、水溶きタイプは、中性で過酸化水素も使わず、水と混合させるので、ブリーチ力が全くありません。

この水溶きタイプは、美容師でも納得いき難い部分です。今までに無い全く新しいタイプです。


染めているときの刺激臭と、しばらく残る匂いが気になるのですが。

ナチュラルハーブカラーは、施術中もハーブの香りしかしません。(漢方ににおいという方もありましたが、刺激臭はありません。)全くにおわないという方も大勢いらっしゃいます。

シャンプー後は更に全くにおわないレベルです。


染めるたびに、ヒリヒリ痛く苦痛なのですが。

痛いのは、ヘアカラーに含まれるアルカリ剤、もしくは過酸化水素水が原因の場合が多いようです。

BINのナチュラルハーブカラーに変えたお客様は「全く感じなかった」とおっしゃる方がほとんどです。


染めてから、しばらくは痒くて仕方ないのですが。

このような方は、ヘアカラーに含まれるアルカリ剤の刺激で、肌がかぶれた状態のようです。

もしくは通常のヘアカラー剤は、コーティングするためどうしても薬剤が残留するのが原因の一つかも知れませんね。

こちらもナチュラルハーブカラーに変えてから、「全く無くなった」とおっしゃる方がほとんどです。


ナチュラルハーブカラーは、アレルギーがあっても大丈夫ですか?

ナチュラルハーブカラーは、成分のほとんどが天然成分なので、逆に天然植物によってカブレが起きる可能性があります。

一般に毛染めでかぶれる原因の、ジアミン酸は少量ですが含有しますので、ジアミンアレルギーの方は染められません。

酸念ながら、100%OKという製品は無いようです。


ほとんど白髪ですが、白髪染めの回数が増えて傷んで気になるのですが。

白髪のほうが圧倒的に多くなってくると、2週間もすれば目立ってきますね。

そんな時は、ナチュラルハーブカラーの水溶きタイプを使って染めさせて頂きます。

こちらでしたら毎週染めてもダメージは出ませんよ。


ほとんど白髪ですが、ナチュラルハーブカラーの水溶きタイプで明るく染められますか?

ベースの髪の色が白なので、明るく染められます。


白髪交じりですが、ナチュラルハーブカラーの水溶きタイプで明るく染められますか?

白髪は明るく染められますが、ブリーチ力がありませんので、黒髪は明るくなりません。

よって、見た目は明るく出来ません。


ナチュラルハーブカラーとは、聞いたことが無いのですが?

ナチュラルハーブカラーは、BINがオリジナルでネーミングしたメニュー名です。

その後、別メーカーから同名の商品が発売されました。

BINのナチュラルハーブカラーのベースに使っているのは「香草カラー」です。

ナチュラルハーブカラーを発売したメーカーも「香草カラーの水溶きタイプ」をOEM供給してもらってるようですが、ウチがネーミングしたときは他に同名の商品はありませんでしたので、BINの方が先ですよぉ。


では、香草カラーは、どこでもやってなのは何故ですか?

美容業界外の会社が開発したため、ルートが無かった。

職人気質の社長のため、商売気が無かった。

コストが高いため美容室側が導入しにくい。

Pro仕様のため、技術力が必要。

天然成分がほとんどの為、薬剤にクセがある。

香草カラーのオリジナル商品は、染めている時オキシによる刺激が強かった為、傷めないと言いながら、シミるので嫌われた。(2007/11頃、オキシを変更することで、刺激に関してはクリアしていると思います。)

などの理由が考えられます。

今では誤魔化しの商品が増えているため、余程こだわりが無いと導入しないと思います。


BINのナチュラルハーブカラーは、オリジナルの香草カラーとどこが違うのですか?

香草カラーをベースに、過酸化水素水を工夫したり、エッセンシャルオイルを添加したり、ブレンドを工夫することで、刺激緩和、更なるダメージ軽減に成功しました。


ナチュラルハーブカラーの水溶きタイプは、ヘアマニキュアの変わりになると言うことですか?

地肌から塗布出来るので、ナチュラルハーブカラーに変更させて頂き喜んで頂いておりますが、残念ながら、極まれですが、植物の何か?によって反応する方もいらっしゃいました。


100%植物性で無ければ意味が無いのでは?

安全性とデザイン性の両立を考えておりますので、「傷めたくないけど、おしゃれもしたい。」という方にご提供出来たら良いと思っています。

逆に100%植物性に意味があるとも思えません。

身の回りからすべての科学を取り除くことは不可能です。

毛染めだけ、100%植物にこだわるのはどうでしょう?


色素が科学だと言うことですが、なぜですか?

植物性の色素を使うと、色が安定しにくい、染まりが悪い、天候によって色味が変わる、色数が少ない、コストが異常に高い。などの欠点があります。

「天然系のカラーだからと言って、染まりが悪くても仕方ない。とは言いたくなかった。」との社長のお言葉でした。

利点としては、カラーの安定性の良さ、綺麗さ、豊富な色味、カラーチェンジが容易に行える。などがあります。


天然成分が多いと、普通のヘアカラー剤とどこが違いますか?

染めた時が最高のツヤ、手触りの科学主体のヘアカラーに比べ、地味ですが染めるたびにだんだん良さを実感できるのが天然系の良さです。

1年より2年、2年より3年経った現在の方が私たち自身も実感できるので、自信を持ってオススメ出来ます。


ヘアカラーをした直後は良いのですが、1,2週間経つとギシギシになってくるのですがなぜ?

一般のヘアカラー剤はすべて感触を良くする樹脂や、シリコンが混ざっています。

初めのころは髪はコーティングされ手触りが誤魔化されていますが、そのコーティングが剥がれたあとは、本来の傷みが露出して来るためです。


ナチュラルハーブカラーにも感触を良くするモノを入れれば、更に良くなったのでは?

出来る限り天然の成分を使用した商品開発の趣旨が変わってきます。

樹脂コーティングも樹脂が剥がれるとき、キューティクルを傷めないとも限りませんしね。

カチオン化することで、残留する量も増え、肌にも良くありません。


ヘアマニキュアや、一般のヘアカラーより、ナチュラルハーブカラーは優れていますか?

植物にかぶれる方。人工の色素であるパラフェニレンジアミンにアレルギーをお持ちの方がいらっしゃいます。ヘアマニキュアは必要だと思います。ちなみに

一般の科学主体のヘアカラーはBINでは捨てました。


育毛にも良いとありましたが、本当ですか?

天然成分の中に、柿葉末・セージ末・シャクヤク末などが配合されているため、育毛も期待できます。


「ヘナ」とナチュラルハーブカラーの違いはどこですか?

ヘナナチュラルハーブカラーの主な違い(ヘナ/ナチュラルハーブカラー)ヘナに関しては違法なモノが多く出回っていますが、今回比較させて頂いたモノは、合成染料の含まれていないナチュラルヘナと比較します。

・厚生省の認可(無し/有り)・染まり具合(悪い/良い)・カラーチェンジ(出来ない/出来る)・パーマの邪魔(する/しない)・染める時間(数時間/30分以内)・色味(赤茶色/無限)・天然性(天然/天然と最低限の科学)・安定性(不安定/安定)・明るく染められる(出来ない/出来る


「ヘナ」はなぜ不安定なのですか?

天然成分100%の為、気候の影響が大きく、採取した時期によっても差が出来ます。新モノと一年前のモノでも差があります。製造はインドで行っている為、管理が不十分という事もあります。

インドの市販のヘナは、ダイアモンド・グリーン(発ガン性があると疑われている)という着色料を添加して、古いヘナを緑に見せて新しそうにして売っている事も多く、日本で購入するユーザーには品質がわかり難いという現実があります。


ヘナより、ナチュラルハーブカラーの方が優れていますか?

それはどうでしょう?一部の方にとってはヘナに勝る毛染めは無いと思います。

良質のヘナを使った品質管理技術の高い工場で生産された高品質のヘナを輸入、販売する業者に出会い、新しいヘナを購入する事が出来、ブレンドしてから数時間放置し、塗布してから数時間放置して毛染めをする事が出来、更にオレンジ色のに染まった白髪で我慢できる方にとっては、100%天然の「ヘナ」は魅力だと思います。

かなり限られているとは思います。


ナチュラルハーブカラーは、品質が安定しているのですか?

ナチュラルハーブカラーは、日本で生まれ、日本で生産しています。厚生省の認可も取れたしっかりとした製品ですので、自信を持ってオススメ出来ます。


ヘアカラーで、どんな色にでも染められますか?

すべての色を抜いた状態までブリーチすると、ある程度は可能ですが、髪質などにより限度がありますし、ヘアカラー剤には白色が存在しませんので、どんな色でも?は不可能です。


ホワイトブリーチしたいのですが、ナチュラルハーブカラーで出来ますか?

ナチュラルハーブカラーにも、ブリーチ剤がありますが、ホワイトブリーチまでは出来ないので、そのような場合は、科学のブリーチ剤を使ってさせていただきますが、かなりのダメージが予想されます。覚悟してください。


傷んでいますが、ブリーチをして、アッシュ系に染めたいのですが、出来ますか?

可能ですが、更にダメージを受けます。それに、アッシュになっているのは数日間だけで、すぐにイヤな金髪になる可能性が大きいです。その覚悟が必要です。


なぜ、数日間しかアッシュが持たないのですか?

傷んでいると言う事で、髪の内部がスケスケだと予想できます。色素が留まっていられる場所が無いので、シャンプーなどによって色が落ちやすいのです。


ヘアカラーとトリートメントのセットメニューが無いのはなぜ?

ヘアカラーとトリートメントのセットメニューを打ち出している美容室が良くありますが、ヘアカラー自体にもトリートメント効果のある、樹脂やシリコンが入っています。それ以上に表面コーティングすると言うことです。内部にPPTなどを補充するのであれば、恐らくヘアカラーの前に施術するべきです。ヘアカラー後に施術するのは人工の感触改良剤でダメージを隠す目的と考えられます。

ナチュラルハーブカラーは、ハーブなどの天然成分の働きで、出来るだめダメージを与えない。&ケアしながら染めていますので、感触改良剤を改剤で誤魔化す必要が無いのです。傷めないで染める事で、本来の美しさが蘇ります。


ナチュラルハーブカラーをしていると、髪のボリュームが出るのは何故ですか?

余計な残留物質が無いので、髪ははだか状態で軽いです。更に続けると髪が健康になってくるので、コシも出てきます。


ナチュラルハーブカラーをしていると、髪のボリュームが落ち着くのは何故ですか?

傷んで乾燥していた髪が健康になってくるため、落ち着いてきます。

縮毛矯正していた方が、しなくて良くなった例もあります。


ヘアカラー専用のシャンプーとトリートメントは良いですか?

色持ちや、手触りが持続しやすいように作られていると思いますが、地肌や髪にとって本当に良いとは思えません。

あくまで誤魔化しでしかありませんので、傷めて誤魔化す悪循環から脱出する事が重要です。


RSS FEEDRSS FEED  TOPPAGEサイトの最初のページへ  TOPページの先頭へ